バストの悩みを解消した女性必見!バストケアを習慣にしよう!

胸の大きさに不満を持っている女性はどのくらいいるでしょうか。

大きさだけでなく、形やハリが不満。。。という女性も多いはず。

バストの悩みとして多いのは、

・サイズが小さい

・年齢とともにバストが垂れてきた

・年齢とともにバストの弾力がなくなってきた

といったもの。

 

共通しているのは、「ふっくらとハリがあって形がいいバストを手に入れたい」ということ。女性だったら、お椀型のきれいな上向きのバストにあこがれるのは当然とも言えるでしょう。

 

でも、実際そんな「美バスト」の人って少ないというのが現実。

 

あの人はきれいなバストしてるなーと思っても、実際はブラで盛っていたり、実は豊胸手術をしてたり、なんてこともあるんです。

 

豊胸手術などせずに、できるだけ自然な形で美バストを手に入れたいという人はどうすればいいのでしょうか。

 

ここでは、そのバストアップ方法、美バスト活動についてご紹介していきます。

 

バストアップの大敵は生活習慣!

ほとんどの人は、自分のバストが小さいのは遺伝のせいだと思っているのではないでしょうか。お母さんも胸が小さいし、姉も妹も貧乳。だから私が貧乳なのもしかたがない、遺伝だから変えられない、、、

 

そんなふうにあきらめている人も多いと思うのですが、確かに遺伝が左右する部分がないわけではありませんが、実はそれ以上にバストの大きさ・形を左右するのが「生活習慣」なんです。

親子、姉妹でバストの大きさや形が似てくるのも、遺伝的要素だけでなく、こうした生活習慣が同じであることが関係しているとも言われています。

 

十分な睡眠をとるとか、適度な運動をするとか、お風呂はシャワーですませずに湯船にゆっくり浸かるとか、また、中でも特に重要な「食べ物」だとか。

 

食べ物は、バランスよくいろんな種類の食材を食べるというのは当然なのですが、それに加えて女性ホルモンのような働きをする「エストロゲン」を含む食べ物、たとえば豆乳や納豆などの大豆製品、また、キャベツやとりにくなどもバストアップには効果が高いと言われています。こうした食べ物を、日々の栄養バランスが整った食事に加えて摂るようにすることで、育乳へとつながるわけなんですね。

 

バストの成長によかれと思った努力が妨げる一番の原因になることもありますから、バランスよく栄養を摂取するよう心がけるというのは何よりも大事です、。

 

それ以外にも、胸へ栄養を運搬する必要があるので、そのために血行を促進するとより効果的です。バストアップクリームというものには女性ホルモンがよく分泌されるようにする成分が入っていて、胸を豊かにする効果があるでしょう。バストアップクリームを「塗る」というよりは、皮膚から内部へ浸透するようにソフトにマッサージをする方が効果がアップします。しかし、あっというまに胸が育つというわけにはいきません。

バストアップは時間がかかるということも覚えておきましょう。今日バストマッサージをしたら明日にはバストが大きくなるなんてことはまずあり得ません。ゆっくり時間をかけて、コツコツとやるのがポイント。

バストアップにいいことを日々の習慣にするのが大事です。

 

そういう意味では、バストの形をしっかりキープするためのブラ選びというのもすごく重要です。

ブラだけは適当に選ぶべきではありません。ちゃんと体にフィットするものを選ぶことが、形のいいふっくらした女性らしいバストを手に入れるためには非常に重要なんです。

できれば、ちゃんと専門店でサイズをはかってもらって、自分の体にぴったり合ったブラを使うのがいいですね。

また、昼間だけでなく、夜寝ている間にもバストケアは欠かせません。というのも、夜寝るときにバストが自由に動ける状態になっていると、バストの脂肪は横へ下へと流れてしまい、バストの形くずれを引き起こしてしまうからです。

多くの女性は、夜寝ている間のバストケアについてあまり真剣に考えていないでしょう。これが将来的に垂れてしぼんだバストにつながるのです。クーパー靭帯が伸びてしまい、バストの重みを支えることができなくなると、バストは下へ下へとどんどん下がっておばあちゃんの胸みたいになってしまいます。

そうしたことを回避するためにも、ぜひバストを守るナイトブラを使うようにしてください。

参考:仰向けで寝ると胸がなくなる!寝ているときでもバストのふくらみを残す方法は?