初心者が筋トレをするときに注意すべきポイント!まずはジムに通うのが得策

初心者が筋トレを行う場合に気をつけなければいけないのはどんな点でしょうか。

まずは、正しい姿勢(フォーム)でトレーニングを行うということです。適当に腕立て伏せや腹筋をしても、実は正しいフォームでできていないとそんなに効果がないのです。疲れるだけで効果がないのでは、やっている意味はありませんね。

多くの初心者が、自宅で筋トレを行う場合に陥りがちなのが、この正しいフォームの問題なんです。

たまに、腹筋100回よゆうでできるよ!などという初心者の人がいますが、実際に正しいフォームで、適切な負荷をかけて腹筋を行う場合、そんなに簡単に100回も200回もできるものではありません。

100回よゆうでできるということは、つまりそれだけ負荷がかかっていないということなのです。

正しいフォームで行うのと同じくらい大事なのが、適切な負荷をかけるということなんですね。毎日100回腹筋やっても全然鍛えられている感じがしない、体型が変わらないという人は要注意です。負荷が軽すぎて、やっている意味がない可能性があります。

また、正しい姿勢でトレーニングができていない場合、それを続けることで体の関節などに負担がかかってしまい、ケガの原因となることもあります。筋肉痛になるのはいいのですが、関節や腰などが痛くなってしまって、結局筋トレ自体が続けられなくなって挫折してしまうという人もいます。

そして、筋トレをする際に覚えておきたいのは、「1か月くらいでは目に見えて結果が出るものでもない」ということ。

筋肉というのは、トレーニングする⇒疲労する⇒成長ホルモンが分泌される⇒大きくなるといった経過を経て鍛えられます。トレーニングをして翌日にはすぐに筋肉が大きくなるということはあり得ないんですね。

地道な努力の結果として、少しずつ鍛えられて大きくなっていくのです。

人間というのは、目に見えて結果がすぐに出ないと「やっても意味がないのでは?」と疑心暗鬼になって挫折してしまいがちなのです。

特に、自己流で筋トレを行っている場合、今の方向性で正しいのかどうか、このまま続けていけば結果が出て筋肉が徐々につくようになるのかどうか、その判断すら難しいというのも事実です。上に書いたように、毎日負荷の小さい腹筋を100回続けていても、結果としては筋肉が鍛えられていないということになるわけですね。

なので、初心者の人が筋トレを行うのであれば、まずはジムでトレーナーの方に相談しながら、そして正しいフォームを教わりながら行うのが一番効率的です。

ある程度自分の体に正しいフォームが染みついて、またやるべきトレーニング内容をしっかり把握できた段階であれば、自宅で自分ひとりで筋トレを行っても効果は出るでしょう。ですが、まったくの初心者は方向性が正しいのかも分からなければ、自分のフォームが正しいかどうかを客観的に判断することもできません。

筋トレ初心者にとっては、自分で自己流でトレーニングを行うことは遠回りになって挫折してしまうという結果になりかねないので、まずは初心者こそジムに通うことをおすすめします。こちらもどうぞ⇒腹筋 シャツ 効果